生産工場より直接輸入のためリーズナブル
国連UNHCRより感謝状(ご報告とお礼)

サイト内検索

筋トレとチーズの関係|バルクアップに最適な各種類の栄養成分や特徴

スポンサーリンク

バルクアップ筋トレ後の食事として、チーズが有効な理由を解説するとともに、各種チーズの栄養成分や特徴をご紹介します。

チーズがバルクアップに有効な理由



食品は主にタンパク質・脂質・炭水化物の三大栄養素から構成されており、なかでも筋肉の材料となるタンパク質量は重要で、筋力トレーニングの食事としてはまずはタンパク質量を基準に決めていきます。

筋力トレーニングによって筋肉を肥大(バルクアップ)させていくためには、体重1kgあたり約2g(肉類換算10g)の純タンパク質を1日に摂取する必要があります。

具体的には、体重60kgの場合、1日に純タンパク質120g=600g相当の肉類・魚介類を食べなくてはいけません。

また、タンパク質を消化吸収して筋肉として再合成するためには多くのエネルギーが必要となります。目安としては、摂取するタンパク質の約2〜3倍の脂質・炭水化物が必要です。

つまり、チーズに含まれる多くのタンパク質が筋肉の材料となり、その豊富なカロリーが筋肉合成に有効なのです。

チーズの種類

プロセスチーズとナチュラルチーズ


チーズを大きく2種類に分けると、プロセスチーズとナチュラルチーズに分けられます。牛乳から作られたままのナチュラルチーズ(非加熱)を加熱して混ぜ合わせたのがプロセスチーズで、プロセスチーズは熱処理されているため発酵が止まり(殺菌される)長期間保存が可能です。

一方、ナチュラルチーズは加熱処理されていませんので、時間とともに発酵が進んでいきます。

標準的なプロセスチーズの栄養成分



プロセスチーズ1枚20gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:68kcal
タンパク質:4.54g (18.16kcal)
脂質:5.2g (46.8kcal)
炭水化物:0.26g (1.04kcal)

標準的なナチュラルチーズの栄養成分



ナチュラルチーズ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:423kcal
タンパク質:25.7g (102.8kcal)
脂質:33.8g (304.2kcal)
炭水化物:1.4g (5.6kcal)

なお、数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

ナチュラルチーズの種類

軟質チーズ・半硬質チーズ・硬質チーズに分けられる


ナチュラルチーズは軟質チーズ・半硬質チーズ・硬質チーズに分けられ、軟質チーズはわらにフレッシュチーズと熟成チーズに分けられます。

フレッシュチーズの栄養成分や特徴

カッテージチーズのカロリーと栄養素



カッテージチーズ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:105kcal
タンパク質:13.3g (53.2kcal)
脂質:4.5g (40.5kcal)
炭水化物:1.9g (7.6kcal)

モッツァレラチーズのカロリーと栄養素



モッツァレラチーズ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:276kcal
タンパク質:18.4g
脂質:19.9g
炭水化物:4.2g

クリームチーズのカロリーと栄養素



クリームチーズ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:346kcal
タンパク質:8.2g (32.8kcal)
脂質:33g (297kcal)
炭水化物:2.3g (9.2kcal)

フロマージュブランのカロリーと栄養素



フロマージュブラン100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:154kcal
タンパク質:7.9g
脂質:10.8g
炭水化物:6.4g

リコッタのカロリーと栄養素



リコッタ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:162kcal
タンパク質:7.1g
脂質:11.5g
炭水化物:6.7g

マスカルポーネのカロリーと栄養素



マスカルポーネ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:293kcal
タンパク質:4.4g
脂質:28.2g
炭水化物:4.3g

スキールの特徴


濾過することで乳清を取り除いたヨーグルトの1種ですが、厳密にはフレッシュチーズに分類されるアイルランドのチーズです。

熟成チーズの栄養成分

カマンベールチーズのカロリーと栄養素



カマンベールチーズ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:310kcal
タンパク質:19.1g (76.4kcal)
脂質:24.7g (222.3kcal)
炭水化物:0.9g (3.6kcal)

フェタチーズのカロリーと栄養素



フェタチーズ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:264 kcal
タンパク質:14.21g
脂質:21.28g
炭水化物:4.09g

ストラッキーノの特徴


イタリアで作られる熟成チーズですが、ほとんど熟成しないうちに食べるのが一般的です。

半硬質チーズの栄養成分

エダムチーズのカロリーと栄養素



エダムチーズ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:356kcal
タンパク質:28.9g (115.6kcal)
脂質:25g (225kcal)
炭水化物:1.4g (5.6kcal)

グリュイエールチーズのカロリーと栄養素



グリュイエールチーズ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:423kcal
タンパク質:25.7g (102.8kcal)
脂質:33.8g (304.2kcal)
炭水化物:1.4g (5.6kcal)

フォンティーナのカロリーと栄養素



フォンティーナ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:389kcal
タンパク質:26g
脂質:31g
炭水化物:1.6g

プロヴォローネのカロリーと栄養素



プロヴォローネ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:429kcal
タンパク質:27.3g
脂質:33.6g
炭水化物:1.6g

ゴルゴンゾーラ(ブルーチーズ)のカロリーと栄養素



ゴルゴンゾーラ(ブルーチーズ)100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:349kcal
タンパク質:18.8g (75.2kcal)
脂質:29g (261kcal)
炭水化物:1g (4kcal)

スティルトンチーズの特徴


イギリスで作られる青カビチーズの1種です。

コルビーチーズの特徴


アメリカ合衆国で作られるセミハードチーズで、チェダーチーズに近いがやや軟らかめの種類です。

モントレー・ジャック


カリフォルニア州のモントレー発祥で、ジャックと呼ばれることも多いアメリカンチーズの1種です。

硬質チーズの栄養成分

エメンタールチーズのカロリーと栄養素



エメンタールチーズ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:429kcal
タンパク質:27.3g (109.2kcal)
脂質:33.6g (302.4kcal)
炭水化物:1.6g (6.4kcal)

チェダーチーズのカロリーと栄養素



チェダーチーズ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:423kcal
タンパク質:25.7g (102.8kcal)
脂質:33.8g (304.2kcal)
炭水化物:1.4g (5.6kcal)

パルメザンチーズ


粉チーズに加工されることで有名なイタリア原産のハードチーズで、正式にはパルミジャーノ・レッジャーノと言います。

コンテチーズ


フランスを代表するハードチーズで、フランでもっとも生産されているチーズです。

ロマーノチーズの特徴


イタリアで作られる超硬質チーズで、塩味が強い独特の味わいがあります。
スポンサーリンク


当サイト主要コンテンツ

食材一覧ページ食品一覧ページ
食品の栄養成分に関する基礎知識
筋トレにおすすめの外食メニュー
筋トレ前後に適切なコンビニ食品
筋トレ後に最適なコンビニ弁当例
筋力トレーニングの情報コーナー
主要な筋肉の名前・作用と鍛え方
停滞期を突破する筋トレセット法

男性向き筋トレメニュー
部位分割筋トレ大胸筋の筋トレ
自重での筋トレ三角筋の筋トレ
チューブ筋トレ三頭筋の筋トレ
ダンベル筋トレ背筋群の筋トレ
マシーン筋トレ二頭筋の筋トレ
バーベル筋トレ下半身の筋トレ

女性向き筋トレメニュー
部位分割筋トレ大胸筋の筋トレ
自重での筋トレ三角筋の筋トレ
チューブ筋トレ三頭筋の筋トレ
ダンベル筋トレ背筋群の筋トレ
マシーン筋トレ二頭筋の筋トレ
バーベル筋トレ下半身の筋トレ

筋トレの重要な基礎知識
超回復期間を考慮しての実施頻度
筋繊維特性を考慮しての回数設定
筋量と動作を考慮しての実施順序
首の連動性を考慮しての呼吸方法



当サイト協賛ショップ




スポンサーリンク

三大栄養素の筋トレでの筋肉への働き



当サイトでは昨今大きなムーブメントになりつつある筋力トレーニング(いわゆる筋トレ)に関するコンテンツ・情報も公開しています。三大栄養素の筋トレにおける筋肉への働きは以下のようになります。

タンパク質:筋肉の原料となる栄養成分で、筋力トレーニングの食事メニューを考える場合、最優先で考慮すべき要素です。体重1kgあたり1~2gのタンパク質(肉類換算で約5~10g)を1日に摂取するようにします。

脂質:体脂肪になりやすいため控えめに摂取しますが、長時間のトレーニング運動において効率的なエネルギー源として作用したり、腹持ちをよくする作用もあるため適正量を摂取することは必要です。

炭水化物:短時間でエネルギーに変換できるためトレーニング前やトレーニング中のカロリー補給に適しています。また、トレーニング後にタンパク質と同時に摂取することで、筋肉を合成するさいのエネルギーとしても効率的に作用します。

当サイトで記載している食材・食品



当サイトでは1000品目を超える食材・食品に関するカロリー・タンパク質・脂質・炭水化物の栄養成分数値を公開しています。

食材の情報一覧ページはこちら

食品の情報一覧ページはこちら

また、下記の検索窓に調べたい食材・食品名を入力することで情報を検索することも可能です。

食材・食品名で検索




検索窓に食材・食品名を入力してご利用ください。

当サイトの記載内容のエビデンス


当サイトの全ての記事コンテンツは、厚生労働省(食品成分データベース)・厚生労働省(eヘルスネット)・農林水産省・東京都立産業技術研究センターなど公的機関公式ホームページやwikipediaなど民間の信頼性の高いサイトの記載内容を参照し、情報の正確性および根拠(エビデンス)を担保しています。

スポンサーリンク

記事製作
情報提供

運営ショップ

食品名で検索