食品名で検索

ミントのカロリーと栄養成分(タンパク質・脂質・炭水化物)の基礎情報



当サイトの記載内容のエビデンス

当サイトの全ての記事コンテンツは、厚生労働省(食品成分データベース)・厚生労働省(eヘルスネット)・農林水産省・東京都立産業技術研究センターなど公的機関公式ホームページやwikipediaなど民間の信頼性の高いサイトの記載内容を参照し、情報の正確性および根拠(エビデンス)を担保しています。

食品の栄養成分に関する基礎知識



食品は主にタンパク質・脂質・炭水化物の三大栄養素から構成されており、タンパク質と糖質は1gあたり4kcl、脂質は1gあたり9kcalあります。このほかの栄養成分としてはビタミン類・ミネラル類などがあります。


ミントの食品としての概要とエネルギー(カロリー)および三大栄養成分(タンパク質・脂質・炭水化物)は以下の通りです。

ミントとはどんな食べ物?

ミント(女無天、mint)は、シソ科ハッカ属(ミント属、メンタ属)の総称。多くの種は多年草だが、一年草の種も存在する。ユーラシア大陸原産。名称は、ギリシャ神話で植物に変身したニンフであるメンテー(Μίνθη)に由来する。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ミント

ミントのカロリーと栄養素

ミント100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:37kcal
タンパク質:3.9g
脂質:0.1g
炭水化物:7.5g

なお、数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

食品を選ぶ時に考慮するべきこと

TPOに合わせたPFCバランスを意識する



食品は主にエネルギー生産要素と呼ばれるタンパク質・脂質・炭水化物から構成されています。筋肉など身体の材料となるタンパク質、皮下に蓄えられ中~長時間運動でのエネルギー源となる脂質、筋合成や短時間の運動のエネルギー源となる炭水化物(糖質)、胃腸の働きを助ける炭水化物(食物繊維)といったそれぞれの栄養素の働きを考慮し過不足なくTPOに合わせて摂取することが大切です。

PFCバランスの目安

PFCバランスとは三大栄養素である「タンパク質=Protei」「脂質=Fat」「炭水化物=Carbohydrate」の頭文字をとった用語で、この三種類の栄養素の摂取比率のことを指します。一般的に適切であるとされるPFCバランスは、タンパク質20%前後、脂質20%前後、炭水化物60%前後とされています。

スポーツを行っていたり運動量の多い仕事をしている場合タンパク質の割合を増やす、ダイエットに取り組んでいる場合は脂質と炭水化物の割合を減らす、といったTPOに合わせた調整を行います。

三大栄養素とカロリー

三大栄養素とはタンパク質・脂質・炭水化物のことで、それぞれ1gあたり4kcal・4kcal・9kcalあります。
食物中に含まれる身体に必須の成分のうち、たんぱく質・脂質・炭水化物の総称。人間の身体になくてはならない栄養素のうち、エネルギー(カロリー)源となる「たんぱく質・脂質・炭水化物」を『エネルギー産生栄養素』と呼んでいます。以前は、三大栄養素とも言われていました。

引用:厚生労働省eヘルスネット「エネルギー産生栄養素(えねるぎーさんせいえいようそ)

カロリーとは

人若しくは動物が摂取する物の熱量又は人若しくは動物が代謝により消費する熱量の計量・カロリー=ジュール又はワット秒の四・一八四倍・キロカロリー=カロリーの千倍

引用:e-GOV法令検索「平成四年政令第三百五十七号計量単位令
※ジュール=J・カロリー=cal・キロカロリー=kcal|1cal=4.184J

タンパク質とは

タンパク質(タンパクしつ、蛋白質、英: protein、独: Protein)とは、20種類のアミノ酸が鎖状に多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/タンパク質

脂質とは

脂肪(しぼう、食事脂肪)は、動植物に含まれる栄養素の一つ。日本の栄養学では一般に脂質(ししつ)と呼ぶ。脂質は、炭水化物、たんぱく質と共に「三大栄養素」と総称され、多くの生物種の栄養素である。この三大栄養素の比率をそれぞれの頭文字をとってPFCバランスという時、英語圏に倣って脂肪(Fat)を用いている。食品中の脂肪と言う時、脂質やその詳細である脂肪酸を指す。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/脂肪

炭水化物とは

炭水化物(たんすいかぶつ、英: carbohydrates、独: Kohlenhydrate)または糖質(とうしつ、仏: glucides、英: saccharides)は、単糖を構成成分とする有機化合物の総称である。栄養学上は炭水化物は糖質と食物繊維の総称として扱われており、消化酵素では分解できずエネルギー源にはなりにくい食物繊維を除いたものを糖質と呼んでいる。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/炭水化物

食品の栄養成分表示について



平成27年4月1日に食品表示法が施行され、これまで任意とされていた「容器包装」に入れられた加工食品については、エネルギー量(熱量|kcal)・三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物|g)・ナトリウム(食塩相当量|g)の表示が義務付けられました。しかしながら、加工食品の素材である生鮮食品(魚介類・肉類・野菜類など)では任意表示となっています。

このため、当サイトではこれら生鮮食品を中心としてその栄養成分情報を公開しています。食品に関する基礎的な科学情報として、日々の暮らしに是非ご活用ください。
平成27年4月1日に食品表示法が施行され、容器包装に入れられた加工食品には栄養成分表示として、熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム(食塩相当量で表示)が必ず表示されることになりました。これらの5つの項目は、生命の維持に不可欠であるとともに、日本人の主要な生活習慣病と深く関わっています。栄養成分表示は、健康づくりに役立つ重要な情報源になります。栄養成分表示を見て、上手に食品を選び、必要な栄養素を過不足なく摂取できれば、健康の維持・増進を図ることに役立ちます。

引用:農林水産省「食品の栄養成分表示について

食品に関する他の数値

グリセミック指数(GI値)とは



グリセミック指数(GI値:GlycemicIndex)とは、食品を摂取した時の血糖値の上がり方を客観的に数値化したもので、主に炭水化物(糖質)系食品を食べるときに考慮するべき数値です。50gのブドウ糖を基準値の100としたもので、数値が100に近いほど血糖値が急上昇しやすい食品になります。

アミノ酸スコアとは



タンパク質の構成要素であるアミノ酸には人体で合成できない種類が9種類(バリン・ロイシン・イソロイシン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・トレオニン・トリプトファン・ヒスチジン)あり、これらの含有率を評価する数値がアミノ酸スコアです。この数値が100に近いほど、人に必要となる必須アミノ酸の比率に近く、吸収・合成効率がよくなります。

当サイトで記載している食材・食品



当サイトでは1000品目を超える食材・食品に関するカロリー・タンパク質・脂質・炭水化物の栄養成分数値を公開しています。

食材の情報一覧ページはこちら

食品の情報一覧ページはこちら

また、下記の検索窓に調べたい食材・食品名を入力することで情報を検索することも可能です。

食材・食品名で検索




検索窓に食材・食品名を入力してご利用ください。

食品名で検索