生産工場より直接輸入のためリーズナブル
国連UNHCRより感謝状(ご報告とお礼)

サイト内検索

ぼんじりのカロリーと栄養成分(タンパク質・脂質・炭水化物)の基礎情報

スポンサーリンク

ぼんじりの食品としての概要とエネルギー(カロリー)および三大栄養成分(タンパク質・脂質・炭水化物)は以下の通りです。

ぼんじりとはどんな食べ物?

ぼんじり、三角、ぼんぼち(ぽんぽち)…尾

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/鶏肉

ぼんじりのカロリーと栄養素

ぼんじり100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:447.56kcal
タンパク質:20.36g(81.44kcal)
脂質:40.68g(366.12kcal)
炭水化物:0g(0kcal)

なお、数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

食品を選ぶ時に考慮するべきこと

TPOに合わせたPFCバランスを意識する



食品は主にエネルギー生産要素と呼ばれるタンパク質・脂質・炭水化物から構成されています。筋肉など身体の材料となるタンパク質、皮下に蓄えられ中~長時間運動でのエネルギー源となる脂質、筋合成や短時間の運動のエネルギー源となる炭水化物(糖質)、胃腸の働きを助ける炭水化物(食物繊維)といったそれぞれの栄養素の働きを考慮し過不足なくTPOに合わせて摂取することが大切です。

PFCバランスの目安

PFCバランスとは三大栄養素である「タンパク質=Protei」「脂質=Fat」「炭水化物=Carbohydrate」の頭文字をとった用語で、この三種類の栄養素の摂取比率のことを指します。一般的に適切であるとされるPFCバランスは、タンパク質20%前後、脂質20%前後、炭水化物60%前後とされています。

スポーツを行っていたり運動量の多い仕事をしている場合タンパク質の割合を増やす、ダイエットに取り組んでいる場合は脂質と炭水化物の割合を減らす、といったTPOに合わせた調整を行います。

三大栄養素とカロリー

三大栄養素とはタンパク質・脂質・炭水化物のことで、それぞれ1gあたり4kcal・4kcal・9kcalあります。
食物中に含まれる身体に必須の成分のうち、たんぱく質・脂質・炭水化物の総称。人間の身体になくてはならない栄養素のうち、エネルギー(カロリー)源となる「たんぱく質・脂質・炭水化物」を『エネルギー産生栄養素』と呼んでいます。以前は、三大栄養素とも言われていました。

引用:厚生労働省eヘルスネット「エネルギー産生栄養素(えねるぎーさんせいえいようそ)

カロリーとは

人若しくは動物が摂取する物の熱量又は人若しくは動物が代謝により消費する熱量の計量・カロリー=ジュール又はワット秒の四・一八四倍・キロカロリー=カロリーの千倍

引用:e-GOV法令検索「平成四年政令第三百五十七号計量単位令
※ジュール=J・カロリー=cal・キロカロリー=kcal|1cal=4.184J

タンパク質とは

タンパク質(タンパクしつ、蛋白質、英: protein、独: Protein)とは、20種類のアミノ酸が鎖状に多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/タンパク質

脂質とは

脂肪(しぼう、食事脂肪)は、動植物に含まれる栄養素の一つ。日本の栄養学では一般に脂質(ししつ)と呼ぶ。脂質は、炭水化物、たんぱく質と共に「三大栄養素」と総称され、多くの生物種の栄養素である。この三大栄養素の比率をそれぞれの頭文字をとってPFCバランスという時、英語圏に倣って脂肪(Fat)を用いている。食品中の脂肪と言う時、脂質やその詳細である脂肪酸を指す。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/脂肪

炭水化物とは

炭水化物(たんすいかぶつ、英: carbohydrates、独: Kohlenhydrate)または糖質(とうしつ、仏: glucides、英: saccharides)は、単糖を構成成分とする有機化合物の総称である。栄養学上は炭水化物は糖質と食物繊維の総称として扱われており、消化酵素では分解できずエネルギー源にはなりにくい食物繊維を除いたものを糖質と呼んでいる。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/炭水化物
スポンサーリンク


当サイト主要コンテンツ

食材一覧ページ食品一覧ページ
食品の栄養成分に関する基礎知識
筋トレにおすすめの外食メニュー
筋トレ前後に適切なコンビニ食品
筋トレ後に最適なコンビニ弁当例
筋力トレーニングの情報コーナー
主要な筋肉の名前・作用と鍛え方
停滞期を突破する筋トレセット法

男性向き筋トレメニュー
部位分割筋トレ大胸筋の筋トレ
自重での筋トレ三角筋の筋トレ
チューブ筋トレ三頭筋の筋トレ
ダンベル筋トレ背筋群の筋トレ
マシーン筋トレ二頭筋の筋トレ
バーベル筋トレ下半身の筋トレ

女性向き筋トレメニュー
部位分割筋トレ大胸筋の筋トレ
自重での筋トレ三角筋の筋トレ
チューブ筋トレ三頭筋の筋トレ
ダンベル筋トレ背筋群の筋トレ
マシーン筋トレ二頭筋の筋トレ
バーベル筋トレ下半身の筋トレ

筋トレの重要な基礎知識
超回復期間を考慮しての実施頻度
筋繊維特性を考慮しての回数設定
筋量と動作を考慮しての実施順序
首の連動性を考慮しての呼吸方法



当サイト協賛ショップ




スポンサーリンク

三大栄養素の筋トレでの筋肉への働き



当サイトでは昨今大きなムーブメントになりつつある筋力トレーニング(いわゆる筋トレ)に関するコンテンツ・情報も公開しています。三大栄養素の筋トレにおける筋肉への働きは以下のようになります。

タンパク質:筋肉の原料となる栄養成分で、筋力トレーニングの食事メニューを考える場合、最優先で考慮すべき要素です。体重1kgあたり1~2gのタンパク質(肉類換算で約5~10g)を1日に摂取するようにします。

脂質:体脂肪になりやすいため控えめに摂取しますが、長時間のトレーニング運動において効率的なエネルギー源として作用したり、腹持ちをよくする作用もあるため適正量を摂取することは必要です。

炭水化物:短時間でエネルギーに変換できるためトレーニング前やトレーニング中のカロリー補給に適しています。また、トレーニング後にタンパク質と同時に摂取することで、筋肉を合成するさいのエネルギーとしても効率的に作用します。

当サイトで記載している食材・食品



当サイトでは1000品目を超える食材・食品に関するカロリー・タンパク質・脂質・炭水化物の栄養成分数値を公開しています。

食材の情報一覧ページはこちら

食品の情報一覧ページはこちら

また、下記の検索窓に調べたい食材・食品名を入力することで情報を検索することも可能です。

食材・食品名で検索




検索窓に食材・食品名を入力してご利用ください。

当サイトの記載内容のエビデンス


当サイトの全ての記事コンテンツは、厚生労働省(食品成分データベース)・厚生労働省(eヘルスネット)・農林水産省・東京都立産業技術研究センターなど公的機関公式ホームページやwikipediaなど民間の信頼性の高いサイトの記載内容を参照し、情報の正確性および根拠(エビデンス)を担保しています。

スポンサーリンク

記事製作
情報提供

運営ショップ

食品名で検索